<< さみしいなぁ     シェイクスピアの『十二夜』 >>